_dsc7104

ジェルネイルを長持ちさせる6つのポイント!! part.3

 

まだブログを書き始めて間もないですが、

最近、お客様や友人から、
「ブログ読んでるよ!」「分かりやすい。」
「爪のことも勉強になるし、これからも続けてください。」
など、応援のお言葉を頂き、更にやる気に溢れている今日この頃です。

今日も分かりやすく書いていきます!

 

今日も前回の続き。

ジェルが浮いたり、剥がれたりする原因
⑤自爪の状態が悪すぎる。
⑥長期間放置する。
についてです。

まず⑥から説明します。

いくらソフトジェルが長持ちするといっても、
何か月も持つものではありません。
メンテナンスの時期を守らなければ、
自爪を傷め、ジェルの持ちはどんどん悪くなってしまします。

メンテナンス時期は人によって多少は異なりますが、
私の経験では、3~4週間、時々とても伸びの遅い方で5週間です。

 

あくまでも、
『浮いたり剥がれたりする前にフィルインする!』
これが鉄則です。

 

ジェルが浮いた時点で、
自爪の表面はジェルと一緒に一層剥がれてしまいます。
ジェルが剥がれた時点では、もっとひどい状態になっています。
その状態で、薬液(アセトン)に浸した場合、
更に自爪の状態が悪化するのは言うまでもありません。

 

ジェルは、ライトに当てることで固まってしまうので
塗布してしまえば、自爪の状態を確認することはできません。
ジェルを塗布する前に、ご自身の自爪の状態は確認しましょう。

 

一見、きれいに着いて見える場合でも、
長くなれば、装着時の理想的なバランスが崩れてしまっている為、浮きやすくなってしまいます。
必ず、浮く前にメンテナンスしましょう!!

 

最後に⑤ですが、
自爪の状態が悪ければ、ジェルの『持ち』は必ず悪くなります。
逆に健康な状態であれば、『持ち』は良くなります。

適度な水分量を保ち、理想的な形や硬さの方ほど長持ちします。
今の状態が悪くても、ジェルによって理想に近づけることは可能です。

 

ソフトジェルは本来、
“自爪を強く健康に保つ役割”も持っています。

その理由は

1、ジェルを表面に塗布することで、自爪の下の皮膚から発散される水分を爪の中に保つことができる。

それにより加齢による乾燥などを遅らせ、反り爪・二枚爪なども予防できます。

2、ジェルを正しく塗布することで、強度が増す。

私も元々自爪が薄く、伸ばすとすぐに割れたり捲れたりしてしまうので
伸ばすのは諦めていましたが、今では適度に伸ばすこともでき、
ストレスなくネイルを楽しんでいます。

3、傷んでいる自爪には、適切な補強を施し
健康な自爪が伸びて来るまで保護することが出来る。

傷んだ自爪も補強をすることで健康な爪と同じように生活でき、
おしゃれも楽しむことができます。

あくまでもリペアなので、自爪が健康に戻ったわけではないので、
更に悪化しない様メンテナンス時期を守る事が必要です。

 

このようにジェルは、
おしゃれはもちろん、自爪の悩みを抱えた方にとっても
画期的な発明!!と言っても過言ではありません。

 

少しでもジェルネイルの誤解が解け、
ネイルを楽しむ方が増えてくれたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日はここまで。