_DSC7380 (2) (640x353)

ジェルネイルを長持ちさせる6つのポイント!! part.2

 

15年ネイルの仕事をしてきて、
以前よりネイルを楽しむ人が増えたことは
とても嬉しく思っています。

ですが、その一方で誤解が多いことがとても残念です。

少しでも誤解が解け、
ネイルサロンを楽しみの一つにしてもらえたらと思います。

 

前回お話ししましたが、
ジェルが浮いたり、剥がれたりする原因は

①ジェルの質が悪い。
②薬液を使ったオフのし過ぎ。
③ジェル塗布前の自爪の前処理不足。
④ジェルを正しく塗布出来ていない。
⑤自爪の状態が悪すぎる。
⑥長期間放置する。

 

今日はまず③ですが、

『前処理』(プレパレーション)はとても大切です。
品質の良いジェルを使い、自爪の状態が良くても
『前処理』が不十分だと、ジェルは浮きやすくなります。

油分やごみが残っていたり、
甘皮や薄皮が十分にケアされていないと
ジェルが浮きやすくなるだけでなく、
『グリーンネイル』(カビ)の原因にもなります。

セルフネイルをする場合も
『前処理』はしっかりしましょう。

 

④の正しいジェル塗布ですが、

やはり、『ベースジェル』が最も重要です!!

はみ出さず、爪先まできれいにジェル塗布するのはもちろん、
『理想的な立体』を作ることがポイントです。

自爪の形は様々で、
長い、短い、厚い、薄いはもちろん、
平ら、反り、巻き、でこぼこなど、
ジェルネイルを保つのに理想的ではない状態の自爪の方も多いです。
それを理想的な形に近づけます。

指先を使う際、爪にも力のストレスがかかるのですが、
そのストレスが一番かかる場所に厚みを持たせることで
ジェルの浮きはかなり軽減できます。
また、自爪の矯正にもつながります。

ただ塗るだけでは『プロの仕事』とは言えません。

 

本来、当たり前のことなのですが、
お客さまにも知識を持っていただくことで
サロン選びの参考にしていただき、
ストレスなくネイルを楽しむ女性が増えてくれたら嬉しいです。

 

続きはまた次回に。

 

ご予約は 03-3724-6088